2019年04月22日

自然の流れと共に...

初試み 今年はアタかごでも始めてます。

バリ島の伝統工芸品でもあるアタかごですがその伝統ももちろん大切にしたい。
職人の技と自然の素材が織り成す美。

それを更にどのように伝えて行くのか?

image.jpeg

長年アタかごを愛用もしてきて思うのは、ナチュラルに勝るものはないと実感しています。
もちろん耐久性に優れているのは燻しているアタだとは思うのですが
いい蔓のアタの色の変化は 使うほどに深みを増します。
保管する時に湿気に気をつければあとは問題無しです。
燻したアタも独特な香りと色合いがありますが、このナチュラルな色の年々変化していく色の深みにはかなわないんですよね。蔓の質によって濃かったり薄かったりするのも自然な感じで良いのです。

家内工業のアタは分業制です。

お家でかごだけを編んでる職人さん。家族でお手伝いもするのでクオリティには差があります。
そのかごを買い取って運ぶバイヤーさんが卸店舗に運びます。

そこから店頭まで並ぶまでにはまだまだ沢山の工程があります。

まず重要なのはかごの乾燥です。天日干しするのですが、乾季だといいのですが雨季の場合はとても時間がかかります。乾燥時には かごの歪みなどもでてきますので 歪みをとる作業も工程に加わります。

その後燻しの作業に入りますがここにも専門の職人さん。
持ち手や組み立てを担当する職人さんに渡り...
内袋を縫ってる内職さん。
ハンドルの皮を縫ってる内職さんもいます。

これだけの人の手をわたり それから 更に検品を通過して国内外に発送され 値段を付けて 店頭に飾られ 販売員さんによってアタかごが私達のもとへ届くんですね。

アタという蔓がこんなに沢山の人達の暮らしを支え、たくさんの笑顔を繋いでいるんですね。

ナチュラルな蔓を見ているだけでもホント幸せな気持ちになります。

バリ島の光いっぱいに浴びたアタかご 完成が楽しみです♪

image.jpeg

今日はアグン山 雲に隠れていますが満月に噴火しました。
昨日は火山灰が降っていたので快晴でも日干しはお休み。

今日は大丈夫みたいです。
焦らずゆっくりと自然の流れの中で熟成されている。

そんな感じですハート
posted by 十彩 Aya at 16:51| Comment(0) | アタかご

2019年04月15日

只今作業中

貯まっていた雑務を色々とこの機会に進めているのですが....
色々ありますね〜。長い年月続けてきてると古いシステムから新しいシステムに移行するのが凄く大変あせあせ(飛び散る汗)


image.jpeg

大変と思うと大変なので、ちょっとした癒しを...時間の合間に作ります。

超スーパークオリティのアタのランチョンンマットいい色になりましたね。
これはスモークしていないアタです。燻す事で虫除け効果になるアタですが、こうして燻していないアタを10年以上使っていると色艶の変化がより一層わかりやすく愛着もわいてきます。
スーパークオリティを作り出すにはアタの中でも上質な蔓を選び抜かなければいけないので一年に作られる数が限られています。この1ミリに満たないアタを編み上げる技術も更に熟練された匠の技があります。

出来ての青みがかった若いアタも良かったですが、この今の色もいいですよね。

image.jpeg

あれ?小さな紙が...!

どうやって入りこんだのでしょうか?

持ち運んで使っているのでその時にいつの間にか入ったのかな?

そんな小さな出来事が物とのコミニュケーションなんですよね。

愛着がわくのはそうした出来事を少しづつ重ねてきたから生まれるんですよね。

image.jpeg
目打ちを使って小さな紙を取り除きました♪

またこの先も一緒に生きていくランチョンマット♪
この先の色の変化と風合いが益々楽しみです光るハート


職人の技と自然の恵によって生み出されるアタかご♪
Toiroesでは上質なカゴを提供しております。
燻していないアタは本物ではないという意見もありますが、日本の環境では必ずしもその燻す事がプラスではない場合もあります。アタかごが欲しいけど臭いがダメというお客様も...
そんな声にお応えしてToiroesでは燻してあるアタと燻していないアタをご用意しております。


世界的なブームでアタカゴのクオリティの安定が難しい状況ではありますが、家内工業の上質なアタを皆さんにも是非実感して欲しいです。

今年のアタかご展示は 5月18日、19日の予定です。どれだけ納得できるアタを展示出来るかわかりませんが楽しみにしていて下さいね。(^ー^)ノ


posted by 十彩 Aya at 11:20| Comment(0) | Aya日記

2019年04月14日

平成を振り返る その2

平成生まれの十彩...

21周年は色々踏み止まっていましたが 22周年を迎えて未来に向けて動いている気がしてきました!

が...その前に...

アメブロに残している十彩ができるまでのお話が完結していない...(;゜0゜) どうしよう・・・

未完成だから面白い十彩ですが令和まで持ち越すのか?

何となくあやしくなってきましたね〜。(; ̄ェ ̄)

終わらないのが十彩という事でしょうか?

17周年で十彩の実店舗は終了したのすが、あれから5年...

さてどうしましょうか?

お店をオープンしたのはホント勢い!
お店を始めてから閉店するまでの方が中身はとっても濃いんです。
自分でも言うのも何ですが...自分自身この22年 沢山の皆さまから多くの事を学び成長する事ができました。
その道のりの中で何度も挫折し立ち上がり学んできた事をふりかえってみようと思いましたが...

オープンするまでの薄っぺらい話しがまだ書き終わらず終了してないという事は...あせあせ(飛び散る汗)

この22年の十彩をこの短い期間で振り返るのは不可能なんじゃないかとさえ思ってきました。Σ(・□・;)

十彩のきっかけとなっている妖彩ブランド時代 フリマ時代の話しとか...アパレルのパタンナー時代までさかのぼると更に無理だなって思います。(;´Д`A ...

どんどん後ろ向きになってきました( T_T)\(^-^ )

更にもっと思い起こせば...
平成から始まってる ファッション業界での道のり...ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


平成を振り返るをやってみようって思ったけど...
たった2ヶ月くらいのお店オープンまでの出来事が未だに完結出来ないという事は...

これも...まさかの
2話で完結⁈Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

(゚O゚)\(- -;


平成にこだわらず、ポチポチやっていく...
ぼちぼちじゃ無くてポチポチです。十彩らしいペースで...

皆さんもポチポチお付き合いくださいね(^ー^)ノ ポチポチって?
ポチッと ブログ開いたらあったくらいのペースです。f^_^;

ホント牛歩な私が起業できてる。これって奇跡じゃないですか?

平成の不思議??

その一言が 平成を振り返るの全てかもしれません。笑

無責任に見えますが、責任感は人一倍あると思っています。

ただ単にトロイだけです。完全開き直ってますヽ(´o`;
誰か突っ込んで〜♪───O(≧∇≦)O────♪

スピード社会が加速する令和を十彩がどのように生き抜いて行くのか?

その方が面白いです。
振り返るのはこれでおしまい。拍手拍手拍手

未来に向けて爆走ダッシュ

なわけない...泣き笑い

十彩ペースでみんなと一緒に便乗しながら乗り越えていきましょう♪

泣き笑いショッキング 熱 10人トイロ からかう(あっかんべえ)にこにこにこにこショッキング顔1(うれしいカオ)てれてれ目がハート

それぞれがそれぞれのペースで平成最後を楽しもうね光るハート










posted by 十彩 Aya at 23:09| Comment(0) | Aya日記