2020年02月15日

HANDICRAFT SHOP 十彩への思い

手染めの水牛骨手彫りボタン
お魚ちゃん 焦茶 完売しました! 

製作スタッフと一緒にボタン用の染料を調合して色を作ったのですが
天然の水牛の骨が染まるのか?
そんな時間も今となっては良い思い出です。にこにこ


3D463437-ACB5-4CF3-B9BB-F52ECFA8B245.jpeg

手彫りボタンは現品限りですので気になる方はお早めにお買いお求め下さいね。

 ↓ ↓ ↓
https://www.creema.jp/c/toiroes/item/onsale ←☆HANDICRAFT SHOP 十彩 公式販売サイトはこちら!


 1997年4月5日にオープンして2011年7月10日まで北海道札幌市豊平区美園で皆様に愛されていたお店。東日本大震災がきっかけで単独で灯し続ける照明などによる電力の無駄遣い、路面店のあり方について考え始め閉店。Yahoo!ショップでネット販売開始しましたが運営サイドのシステムの変化、追い討ちをかけて公式ホームページがサイバー攻撃にあったりとネット環境に馴染めず...あせあせ(飛び散る汗)
Yahooショップ閉店の際は運営サイドのシステム向上時期と重なり対応しきれずお客様に充分な説明もできないままページ閉鎖に至りました。専門スタッフがいない弱小企業の現実。大きなサイトに参入するにはそれなりの知識と資金が必要になる事をここでは学ばせて頂きました。

ネット販売再開する事になり一番に思った事は 十彩らしいお客様対応のあり方。
お客様一人ひとりに丁寧に心を込めて商品を送り出す事そして何よりアジアの素材の素晴らしさを伝えていく事。


一つの素材との出会いで夢が生まれ思いがけない未来が広がる。
ほんの小さな物から生まれる命は心を満たし豊かにしてくれます。
Toiroesが誕生し今の十彩があるのもアジアの素材が作り出す優しいぬくもりと温かい人との出会い。

手作りには想像も出来ない人を元気にするパワーがあります。

十彩がこの22年でコレクションしてきたピースを低価格で提供しているのは、素材達への感謝と手作り作家さんを心から応援したい。

小さな幸せかもしれませんがそんな小さな喜びを繋いでいく事が HANDICRAFT SHOP十彩らしいのかな?と思っています。
実店舗とはちょっと違う感覚ですが お客様と心通う瞬間は同じ温度を感じます。


2019年8月8日にクリーマで復活しましたが、 一歩一歩着実に皆様と共に歩み始めた事を実感しています。
 実店舗のように手作り溢れる店舗をネット環境でどこまで表現できるか? 
 十彩らしい繋がりを全国のみなさんにお伝えできるのか?試行錯誤の連続です。

どんな店舗に成長していくのか?は未知数です♪
これからもよろしくお願いします❣️


posted by 十彩 Aya at 12:16| Comment(0) | HANDICRAFT SHOP 十彩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。