2022年11月30日

2年経った今

EFC7D4D2-131C-4D24-8668-A8BBB3354A7D.jpeg
あの手織りの大きな布は
こんな小さなハギレになりました。






この手織り布から生まれたお洋服や帽子は、みんなから愛されつづけ、これからも暮らしに寄り添っています。

E54BE8DD-2CDD-4493-ADAB-7166F90071FE.jpeg


お洋服になって注目される布とハギレとの違いって何なんでしょう?

15F84093-4767-4800-A8DE-A7BC8E39D478.jpeg

小物を裁断した後、捨てられてしまうほどの小さなはぎれを集めて、小さな残革で組み合わせて、また一枚の布を作りました。


08BD9685-155C-44C2-86AE-545E28388C80.jpeg




たくさんの夢と笑顔を繋いでくれた布との出会いは、この先もどんどん繋がっていきます。


お気に入りの布は、どんなに小さくなっても私にとっては同じ布。
夢と希望を運んでくれる大切な宝物です♪

そんな布を最後まで生かしたい。
作り手の思いを受け取り
手織り布の可能性を、これからも追求していきたいと思います光るハート


posted by 十彩 Aya at 21:35| Comment(0) | Aya日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。