2019年06月28日

アタかごバッグ 取扱店のお知らせ

全国の皆様に耳よりなお知らせです!

この度、伝統の美を受け継ぐ現代アジアの質の高い手工芸品と和の文化をミックスさせたライフスタイルを提案しているタイ工藝ムラカさんにて JuJur Baliのアタかごバッグを取り扱いして頂ける事になりました。
満足頂けるクオリティの物だけを集めましたのでこの夏のコーディネートに加えてみてはいかがでしょうか?

タイ工藝ムラカのWEBショップはこちら!
↓ ↓ ↓
https://muraka.shop/?all_items=true

Toiroes企画のJuJur Bali のアタかごがネットで買えるのはタイ工藝ムラカだけ!

アタかごバッグで 上質な大人の夏のお洒落を楽しみましょうね♪きらきら
posted by 十彩 Aya at 00:53| Comment(0) | アタかご

2019年05月14日

旬なアタカゴ♪

燻し終了後 いい色艶に仕上がったかごのみ厳選します。今回は この中から5点だけセレクトさせて頂きました。
image.jpeg


今回丸編みの紐を付けて完成です。
内袋はもちろん選べます!
image.jpeg


お客様からご要望があった三つ編みの革紐 在庫ありましたので、交換可能です!

Toiroesでご購入したアタカゴであればご希望の長さの紐にお取替えも出来ますのでぜひご相談ください。

image.jpeg

毎年夏にバリ島の手づくりのかごをご紹介しています。

お客様1人ひとりにお渡しできる数を厳選しておりますので 細かな対応もできる限りさせて頂きますのでご安心下さい。

アタ先取り いよいよですが こちらのアタ情報で紹介していたカゴ全ては展示が間に合いません。
どうしても投稿した写真を見て気になるものがあれば ご相談下さい。先取りの特権ですね♪

image.jpeg



アタは同じものでも蔓の色や作る人のそれぞれ形や大きさに違いがありますので全てが一点ものです。


以前同じ物をご用意できると思いお客様にご迷惑をおかけした事がございます。今でもその事がとても心苦しく思っております。お約束から既に数年が経過してしまいましたがお客様とのお約束のクオリティのものを求めて何度も足を運んでいます。しかし未だに納得いく同じ物に出会う事が出来ません。
やはりその年のアタの質は毎年違いますので仕上がり方も微妙に変わっているんです。
アタカゴは自然と向き合って生まれてくる籠なので その年々の良さがそれぞれにあります。
その変化も毎年楽しんで頂ける事も アタの魅力だと思います。

この様な事情もあり大変申し訳ないのですが、同じものをまた次回にというお約束は 致しかねますので予めご了承頂けると助かります。
posted by 十彩 Aya at 10:43| Comment(0) | アタかご

2019年05月11日

アタかご

燻が終わったという事で...

写真の後ろ左手が燻し終わりです♪ 手前の2個とはずいぶんと色が違うのでわかりやすいですね。


image.jpeg

そこにタイミング良く編み上がったばかりの可愛い蓋付きのかごが...!

3個同じのあったのですが、蓋のしまり具合歪みアタの天然の色合いなど厳選して1つづつ選びました!
編み上がり直ぐで歪みなく編まれているカゴって極小なんです。他の2個も良かったのですが、韓国からのバイヤーさんも数日後に来るという事なので...見て頂けたらいいですね♪


image.jpeg
ブログ読んで頂いてる皆様はお気づきかもしれませんがだいぶ前に記事に上げていた左側のカゴですよ!そうそうこの写真のかごです♪ 注→こちらは過去記事の写真です。



ほとんどのかごは 編み上がりの後 歪みを修正します。
修正されないで市場に売られているものもありますが、とても足つきが悪いです。布を貼り付けてしまえば、ある程度見えなくなるので綺麗に見えてるものもあります。

スーパークオリティではないアタかごで完璧に出来てるカゴに出会うことはすごくラッキーです♪

image.jpeg

沢山ある中から選んだのがこれだけ...
アタの色艶良いのでこれは、ノンスモークが良いですね♪

スモークされて良い色になるカゴもあるのでそれは、また燻し終わりに選びたいと思います。


アタかごを長年お取り扱いしてきましたが、アタカゴ人気は世界中でどんどん加速しています。
その中で現地で培われてきた流通も壊す事なく質の高いアタかごを提供できる事を常に模索してきました。
これからどんどんアジアの人達の暮らしも良くなっていきます。それに伴い現地での人件費などの高騰は避けられない事だと思っています。むしろ現地で働く人達に より良い方向に向かう事を願っています。

アジアの成長は 凄いです!
同じアジアの一員として
これからも アジアの人達と共に歩んでいけるよう...

手づくりの優しさとあたたかさ、素晴らしさを伝えて行けたらと思っています。





posted by 十彩 Aya at 11:07| Comment(0) | アタかご