2021年10月30日

十彩リメイクで、ゴミを減らそう!

お客様から最近のお洋服にダーニングしてもガッカリするというお話しを聞いた事がありました。
布の質、やっぱり大切ですね。

使い捨てのファストファッションの行き先は、ダーニングとは遠い世界かしれません。

先日、ずっと開かなかった母の実家のタンスから祖母が着ていた作業着が出て来ました!

昔の布は何度洗ってもしっかりとして擦り切れてくるとそれもまた味になっていた様に思います。E213A76A-4A21-4162-BCFB-3BC870D34AEE.jpeg






こういうのに刺子やダーニングだとやりがいがあるんでしょうね。



20年以上タンスに何もせずに置かれていたとは思えないほど状態も良いです。虫喰いも全くありません!




このタイミングで、10年以上履いている十彩のバルーンパンツの刺繍が完成しました!

何度も洗っていい感じに馴染んでいたお気に入りのパンツ、どこかにひっかけた様で小さな穴をあけてしまい残念に思っていたのですが、手仕事によって、こうしてまた新しい命がここに生まれました!D38DACFA-367D-4A31-B2FB-E028C12D34B6.jpeg
人の技術と天然素材とお気に入りを持ち続ける意味。


こういう事だったんですね!
人の手によってまたこのお洋服への愛情が深まります。

布と仕立てに、とことんこだわった十彩のお洋服。

長い年月をかけて証明する事が出来ました。


眠っている十彩服があったら是非リメイクしませんか?

20年前、10年前、十彩と出会った時のアナタの思い出と共にまた新たな時間を刻みましょう!

2021年04月03日

感じるコーディネート始めよう!

81のパターン製作が始まりました!九堀知子作手織り布が遂にお洋服に変身します光るハート
D98CBB41-A7A0-4BCC-9E84-8829AB29B45A.jpeg

モデル体験じゃないとお洒落って楽しめないの?


人は生まれながらに体型も顔も違ういます。お互いを認め合い自分自信を知る事に気がつけば凄く単純な事なのです。

ところが、それが何故か体型や自分の顔が、コンプレックスになって自信を持てないで生きてきた人達の方が多いのではないでしょうか?

しかも最近は、中年太りは女性として失格みたいな世の中の流れですよね。

それはもしかして美容やアパレルの消費社会に洗脳されているのかもしれないですよ。
無理なダイエットは心もカラダに優しいとは言えません。
好きでやっている方にとっては生き甲斐でそれはそれでとても良いと思いますのでそれは心にもカラダにも響いていくでしょう♪

しかし、みんな同じじゃない。
だから提案したい

健康的なお洒落。
モデル体型じゃ無くてもみんなが楽しめるファッション
心もカラダも喜ぶ免疫力UPのお洋服。自分だけのコーディネート。
みんな違うから面白い♪違うという事を認め合う。

私が作る十彩、Samaya、81はそれぞれデザインコンセプトが違います。
81は十彩までがゆったりデザインでは無いので十彩の上に羽織ろうとするとアームやラインが合わず窮屈な感じもするかもしれません。

十彩のどんどん自由に重ね着スタイル好きなお客様には申し訳無いのですが、81は一枚でさらりと着たり、一般的なファッションに組み込んだり、81同士の重ね着には相性抜群ですおやゆびサイン
もちろん十彩ともコーディネート可能ですが布の色や素材感だけで合わせるのはNGです。
十彩との組み合わせはちょっと上級編♪ 挑戦する楽しさがまたそこに生まれますウインク

自分だけのお洒落の楽しさをもっともっと知って欲しい。


規定サイズにはまらなくても楽しめる 自分だけのお洒落に出会って一生楽しむ♪


隠れていた自分の可能性。感じるコーディネートを始めましょう!

死ぬまで現役お洒落を楽しんで欲しいから十彩ファンのお客様にも 新しいファッション81も提案して行きますよおやゆびサイン

新しい出会い。それはもしかしたら知らなかった自分に出会う事なのかも?

ファッションをもっともっと楽しんでお家でもご近所のお買い物でもウキウキ楽しい一日を過ごしましょうね♪




2020年08月23日

触れる大切さ

私達は日々無意識にたくさんの物に触れています。
物を手に取る取る、押す、引く、触って確認する事は目で見ているのと同じ?それ以上かもしれませんね。眠っている時も着ているパジャマ、布団や 自分の癖などで身体に触れている。


目に見えるものや聞こえる物から私達は沢山の影響を受けていますが、毎日、無意識に触れているものの影響をどのくらいの人達が重要視しているのでしょうか?

毎日、肌に常に触れているお洋服、身体にどのくらいのストレスを与えているのでしょうか?
無意識にポケットに手を入れる行為は不安を解消する行為の様です。
そう考えると、私達は毎日、自分のお洋服に無意識に数えきれないくらい触れていますね。

見た目だけを気にしてコーディネートするけれど、一日そのコーディネートを見れるのは他人です。
しかし、常に触れる事ができるのは自分だけなんですよね。座ってる時どこに手を置きますか?
あー疲れた 肩が凝ったなという時お洋服の上から肩を揉んだり、数えきれないくらい手に触れる。
もちろん、一日中私達はそのお洋服の中に居て包まれています。

だからこそどんな素材に包まれているかはとても大切な事なんですよね。

お洋服はあなたを包み込む空間です。
心地よく着こなす事。
始めてみませんか?

毎日の積み重ねで、ほんと心は軽くなります♪

コロナ禍で、ウィルス対策で触る物、触り方に意識はだいぶ向いてきました。

触れる事の大切さ、意識しないと始めはできないかもしれませんが、実際に触れて感じてみると少しづつ大切な事に気がつくかもしれません。

心地いい物に触れると、いつの間にか、あなたの心をほぐしてくれてくれます。

肌が喜ぶコーディネート始めよう!

気がつけば、表情も変わってきて、内側からの秘めた才能も導き出してくれますよ♪